リブロスイメージ
リブロスロゴ

shoe repair Lalesideworks since2012 It is thing throughout life and a way of life changes

レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら

革製品 ケア ※今の時期は要注意※

カテゴリー: カスタム&修理例 | 投稿日: 2013年6月21日(金)

やっと梅雨らしい天気になってきました。

本日も滋賀は雨です。

湿気がハンパ無いので、革のお手入れ保管場所も気をつけなければなりません。

 

 

IMGP9398 IMGP1294

 

レザージャケットなどはほとんどの方が、使用期間より保管期間の方が多いと思います。

栄養補給は行い革の硬化には気をつけましょう。

シーズンに入り久々着ようと思ったらカビや革の割れ、ステッチ部分の破れがジャケットには多いです。

糸がほつれたなら縫い直しますが、革が硬化などで破れてしますと

対応はしますが跡が残ってしまったりと、リスクが増えてしまいます。

IMGP3108 IMGP1293

 

ブーツ類は一番の消耗品です。人間は一番足が汗をかきます。

なので手入れも無しで夏場保管すると、アッパー・中底の割れ、カビ、が出てくる事が多いです。

梅雨の湿気の多い時期、履かれないのならしっかり汚れを落し、栄養補給をし、風通しの良い場所に保管します。

IMGP4616IMGP4627

 

財布はわりかし年中出番がありますね。

ですが出番が多い分擦れや手アカなど革のダメージも多いです。

擦れが多いと言う事は、栄養が抜けやすくなります。

革がカサつく前に手入れをした方が良いです。

ハゲハゲ・ボロボロの財布はデートでお会計の時、格好よく支払いが出来ない場合が多々あります。

また人間性を疑われ、お持ち帰り出来ない場合もありますので要注意です。

 

革製品も生き物と考えて対応した方が長く愛用できますね。

人間でも若いからと言ってスキンケアを怠っていると何十年後に後悔します。

後悔してからケアをし出しても、高額なエステ代などお金もかかってきます。

 

革製品も同じですね。長くキレイに付き合って行くなら自分の息子のように対応してあげるべきです。

 

IMGP1300

 

そしてRebrothのディスプレイの一部が本屋みたいになりました。

全部は写せ無かったので一部ですが、もちろん立ち読み・座り読み無料なのでまた遊びに来て下さい。

桜井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CATEGORYカテゴリー

TAG GROUPタググループ

NEW ENTRY最近の投稿

ARCHIVE月別アーカイブ

全てを見る →

Instagramインスタグラム

Instagram

Facebookフェイスブックページ

レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら
スニーカー カスタム&リペア スニーカー カスタム&リペア
Re:broth Factory Re:broth Factory

お問合せ TEL.077-572-5364

tel:077-572-5364

Copyright © Rebroth Corp. All Rights Reserved.