MENU
CLOSE
レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら

レッドウィング エンジニア スチール抜き

カテゴリー: カスタム&修理例 | 投稿日: 2012年10月6日(土)

$リブロスのブログ 一般的にエンジニアやロガーに付いてあるスチール。 ヴィンテージになるとPTでの表記になりますね。 PTを簡単に説明すると、アメリカで様々な規格を定める機関の『ANSI』が、何年にこのスチールは安全規準を達していますよって言う意味。 PTとは「Protective Toe」 91とは1991年 この規格は8年ごとの更新なので、PT表示はPT83、PT91、PT99の3種類あります。 ただ2006年より、ANSI表示から現行についているASTM(American society for Testing and Materials)の表示に変更になり、PT表示はなくなりました。 リブロスのブログ リブロスのブログ $リブロスのブログ $リブロスのブログ ANSIの規準が出来る前はスチールが曲がり足の指がすべて切断される事故も多くあったようです。。。 ただ今のスチールは1130キロまでの安全規準のテストに合格しているようです。 ぢゃあ、車にひかれても大丈夫かな・・・ あくまで数字でのお話です・・・ スチール抜きはリウェルトが必要になります。なのでリウェルトの際ご要望があればサービスで抜かして頂きます。 リウェルト ¥10500~ 人生で何回車に足の先ひかれる事があるだろう・・・。 桜井 Rebroth 077-572-5364 滋賀県大津市大萱1丁目1-9 facebookもがんばってます リブロスのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CATEGORYカテゴリー

TAG GROUPタググループ

NEW ENTRY最近の投稿

ARCHIVE月別アーカイブ

全てを見る →

Instagramインスタグラム

Instagram

Facebookフェイスブックページ

レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら レッド・ウィングのカスタム例紹介はこちら
スニーカー カスタム&リペア スニーカー カスタム&リペア
Re:broth Factory Re:broth Factory
LINE 友だち追加 LINE 友だち追加
TOP