Whitehouse Cox トートバッグ 破れ修理

ご無沙汰しております。松本です! 最近はブログは桜井さんに任せっきりでしたが、少し加工も落ち着いてきましたのでバッグ修理もあげていきますので宜しくお願いします! 今回はタイトル通りWhitehouse Cox トートバッグの修理です! 元々は乗馬用の鞍や手綱などの高品質な馬具、そして英国軍などからの依頼を受け、様々な軍需用のアイテムを製造してきたブランドです。 お預かりしたバックはこちら↓ RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 4つ角にレザーが当ててあるバックなのですが、よく見ると破れています。 これは内側にパイピング加工が施してある為に革より生地が擦れてしまった為です。 内側 RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 角ズーム RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 破れた生地を補強して新しく革を当てました。 こちら↓ RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 全く同じ革はないので若干お色が変わりますが、4つとも修理なのでデザイン的です。 裏から RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 角ズーム RE:BROTH  ~ 仁義なきblog ~ 今回は極力同じ色を使用しましたが、革の色を変えても良いですし、糸色を変える事も出来ます。 また、マチを縫い込んでお修理が出来る場合もございますので、ご相談下さい。 バッグ破れ修理1ヵ所(縫い込み)2100円~           (当て革)3150円~  松本 077-572-5364 滋賀県大津市大萱1丁目1-9    www.rebroth.com 洋服のre:bornはこちらからどうぞ facebookもがんばってます リブロスのブログ